2009年11月アーカイブ

2009_kawaguchiko_01.jpg

日時:
2009年11月29日(日) 7時30分スタート(制限時間6時間)
距離:フルマラソン
記録:3時間37分42秒(ネット)、3時間38分30秒(グロス)
天候:曇り、気温3.6度、湿度81%、南東の風3.8m(午前7時現在)

国内のマラソン大会で泊まりがけで行くというのは初めてです。河口湖マラソンは朝から出かけてもスタートに間に合わないので、宿泊が前提。私は近くの民宿に泊まりました。マラソン大会向けに泊まっているので、炭水化物中心の食事が出てくるかと思いきや、至って普通に魚や野菜などもある民宿らしい食事(夕食&朝食)。とりあえず、ご飯をお代わりしてレースに備えました。

スタート時間は7時半ですが早めに行った方がいいということで、5時には朝食を取って6時に送迎者でスタート会場へ。ただ、まだ寒くて時間があるので、荷物置き場でもある近くの土産物屋の2階で休憩。スタート地点の様子を伺い、人が集まってきた30分前頃から並び始めました。しかし、この日は非常に寒かった。人が密集しているのでまだマシですが、スタート前の気温は3.6度です。

スタート地点近くに多数ある土産物屋が荷物置き場になります。
単に置いておくだけで管理はされていないので、貴重品は置いておけません。
2009_kawaguchiko_03.jpg

スタート時は前からタイム順にエリア分けして並ぶようになっており、フルマラソン参加者の後ろに河口湖1周コース参加者とファンラン参加者が並ぶように なってます。私はそこそこ前に並ぶことができましたが、横入り禁止で混みあっているので、遅く着くと列の後ろから入って前にはなかなか行けないようです。 スタート地点の道幅はあまり広くないので、後ろからスタートするとスタートラインまでにかなり時間がかかり、しかもその後は群衆に包まれる形になってかな り不利。できるだけ早めに行って前の方に並ぶのは必須です。

土産物屋から見たスタート地点の様子。これは6時半で、まだ人は並んでいません。
スタート30分前の7時ぐらいから並んだ方がベター。寒いけど。
2009_kawaguchiko_04.jpg

スタート前です。なぜか1周コースの青いゼッケンの人も紛れていたりする・・・。
2009_kawaguchiko_02.jpg

スタート後は確かにフラットなコースで、とても走りやすい。先週に東丹沢トレイルの上り下りで苦しんだので、フラットなコースを走るのは天国のようです。しかし、寒いのは相変わらず。天気がよければ紅葉のシーズンで富士山も見えて最高らしいのですが、どんより曇った天気で気温も上がらず、走っても体が温まらないほど。走れば丁度いいだろうと半袖のシャツだったのですが、大失敗でした。走っていても鳥肌が立つのですから。
調子自体は良かったようで、極端なペースダウンをすることなく自己ベストでゴールできました。数年前にフルマラソンを走ったときは、いつも終盤は大失速していたのですが、最後までもったのはトレイルレースで鍛えた効果とおそらくはゼリーのおかげ。エネルギー切れにならなかったのは大きいと思います。
この河口湖マラソン、コース的には記録も狙えてまた出たい気はしますが、泊まりがけというのがネックですね。

参加賞はバスタオル、好評でした。
レース後に土産物屋の上にある風呂に入って使えるほか、寒さよけで羽織る人も多い。
2009_kawaguchiko_05.jpg

前泊なので、前夜祭にも行きました。ゲストはデンジャラスなど。
出来レース感たっぷりのファッションコンテストもあり、それなりに盛り上がってはいました。
2009_kawaguchiko_06.jpg

レース概要・コース:

河口湖を2周まわるフラットなコースで、タイムが出やすい。
スタートが7:30と早く、公共交通では間に合わないので宿泊することが前提。1万人規模の大きな大会。

2009_kawaguchiko_map.jpg

サイト:
河口湖日刊スポーツマラソン

2009_higashitanzawa_01.jpg

日時:2009年11月23日(月) 8時スタート(制限時間7時間)
距離:33.5km
記録:4時間29分36秒
天候:曇り/晴れ、気温4~8度、風速0~10m(午前9時現在)

コース図を見てトレイルが大部分かと思っていたのですが、全然違いました。大まかに言うと、最初の10kmが上りロード、次の5kmが上りトレイル、次の5kmが下りトレイル、最後の10kmが下りロード、全体の3分の2がロードなのです。これはトレイルレースなの?と疑問になるほどでしたが、林道というのはロード(未舗装含む)なのだと初めて知りました。

しかしロードが多いとはいえ、前半はずっと上りで後半はずっと下り(最初と最後の5kmは共通部分でほぼフラットですが)、これは辛かった。標高差は1000m以上ありそうですから、それも当然ですね。先々週の陣馬山のときのように歩くしかないほど疲れ切ってはいませんでしたが、最後の10kmはフルマラソンの終盤のように無理して足を動かすような苦悶の走りとなり、レースのスタッフからは「無理せず自分のペースで頑張ってください」と励まされる始末。よほど苦しそうだったんでしょうね。
どうにか最後まで走ってゴールしましたが、結果的にはロードが多くて助かった大会でした。最後までトレイルだったらガタガタになっていたことでしょう(陣馬山トレイルに続いて酷い筋肉痛にはなっていますが)。

最初と最後のロードには、美しい景色が。カメラマンがたくさんいました。
2009_higashitanzawa_02.jpg

参加賞は丹沢味噌2キロ。あまり料理しないので多すぎるし、持って帰るのも邪魔。
美味しかったですけどね。
2009_higashitanzawa_03.jpg

レース概要・コース:
丹沢山系東部の静かな山域を走るレース、宮ヶ瀬湖畔園地がスタート&ゴール。
宮ヶ瀬湖畔園地(標高約250m?)→早瀬川橋→観光センター入口→姫次東(標高約1,400m)→大平→早瀬川橋→宮ヶ瀬湖畔園地

2009_higashitanzawa_map.jpg

サイト:
北丹沢山岳センター

2009_kawsakikokusai_01.jpg

日時:2009年11月15日(日) 9時30分スタート(制限時間2時間48分)
距離:ハーフマラソン
記録:1時間48分0秒(ネット)、1時間53分0秒(グロス)
天候:晴れ

先週の陣馬山トレイルから一転して、今週はフラットな多摩川沿いのハーフマラソン。この大会にエントリーしたのは、スタート&ゴールが等々力競技場だからで、フロンターレの試合をよく見に来ているので、これは是非とも走ってみたいと思った次第です。

よく知っている場所なので、早すぎず遅すぎない程度の時間に着くように・・・と思ったが、最寄りの武蔵小杉駅からのバスが全然発車しない!結局、20分以上もバスの中で待ち、会場に着いて受付をしている時点でもうスタート時間。準備はしているので、ジャージを脱いで荷物を預けてすぐにスタートを切りましたが、一人だけで陸上競技場を走って行くのは格好いいやら悪いやら。競技場を出た後もどちらに行けばいいのか分からず、スタッフに聞きながら皆を追いかけました。

コース自体は多摩川沿いでフラット、道が狭くて追い抜きはやりにくかったものの、特にタイム狙いでもないのでほどほどのペースに。最後まで問題なく走れて、競技場に入った後はトラックでラストスパートをかけてゴールしました。陣馬山トレイルと違い、最後に飛ばせるというのは気持ちいいもんですね。
さすがに川崎フロンターレのお膝元というだけあって、フロンターレのレプリカユニフォームを着た参加者も多かったです。参加賞Tシャツも水色でフロンターレっぽかったりします。

レース概要・コース:
等々力競技場をスタート&ゴールとし、多摩川沿いを走るフラットなハーフマラソン。
等々力競技場→以降は多摩川沿い→二子橋(折り返し)→鹿島田駅近く(折り返し)→等々力競技場

2009_kawsakikokusai_map.jpg

サイト:
2009川崎国際多摩川マラソン

日時:2009年11月8日(日) 9時スタート(制限時間4時間)
距離:23.54km
記録:3時間7分30秒
天候:晴れ、気温7~11度、風速0~10m(午前9時現在)

久々の大会、しかもトレイルランは初めてで、ノー練習で参加、やはり無茶でした。
最初の上りを快調に走り、陣馬山の山頂へは40番台で通過、そして下りを一気に飛ばして駆け下りる・・・ここで早くも脚が終わってしまっていました。この後は舗装された道の上りがダラダラと7kmほど続くのですが、もうまともには走れずに、なるべく速足で進むのみ。そして残り4kmほどのトレイルの下りに着いた時には脚がガクガク、ちょっとでも走ろうとすると脚が支えきれずに転倒しそうになるほど。ゆっくり下りながら、後ろから走ってくる人に道を譲って抜かれまくるのみ。最後のロードに入っても走ることはできず、そのまま歩いてゴールしました。
まぁ、いきなり走ったのだから、こんなもんですね。ひどい筋肉痛になりましたが、これで一歩強くなれたと信じるしかありません。

参加賞は長袖Tシャツでしたが、私がゴールしたタイミングではMサイズが残っておらず、2Lサイズを渡されました。
私より後にゴールする人はまだたくさんいるのに、早くもLサイズ以下がないって、どういう揃え方をしたのか・・・あまりにもバランスが悪すぎます。
2009_jinba_01.jpg


レース概要・コース:
高低差605m、総走行距離23.54km、ビギナーにも安心の山岳コース。スタート&ゴールは、ふじのマレットゴルフ場。
ふじのマレットゴルフ場→栃谷林道分岐→陣馬山→落合→栃谷林道分岐→ふじのマレットゴルフ場

2009_jinbasan_map.jpg

サイト:
北丹沢山岳センター

Twitter

AD

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

【CW-X REVOLUTIONモデル】軽くてはきやすく、動きやすいサポートギア!

ASICS FAMILY CLUB  アシックスファミリークラブ

大塚製薬の通販【オオツカ・プラスワン】

クロックス オンラインショップ

GoogleAdSense

JogNote

にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

BlogRanking

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.031

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

zenback

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。